子供英会話による将来への影響

皆様、唐突ですが、街中、あるいはご自宅の近くで何か変化が起きていることにお気づきではないでしょうか?私は気が付いています。その変化とは、子供英会話に特化した英会話教室の開校ラッシュです。

実は、これには以前から気が付いていたのですが、最近は特にちょくちょく見かけるようになってきており、「あれ、こんな所にもあるのか?!」と言った感じで驚くこともそれなりにあったりします。

これも小学校での英語教育の導入と言った日本社会の変化を受けてのことでしょうが、しかしこれについて思うことがあります。と言っても、悪い事ではないのですが、この傾向が進むにつれて、日本人の中に英語をなんなく使いこなせる人たちが増えていく事でしょう。

と言う事は、今子供英会話教室に通っている子供たちが新卒で就職する頃には、「英語は普通に使えて当たり前、使えないなんて受けてきた教育水準が低かったのね」的な風潮が世間に流布しているかも知れません。これって、今英語が使えない人にしてみればちょっと怖い将来予想ではないでしょうか?

しかし、安心材料もありまして、それは今の子供たちが成人になるまでには少なくとも十年以上の時間があると言うことです。つまり、その間に使えるようになれさえすれば良く、油断は大敵ではありますが、時間的余裕は十分です。また、これは個人的な経験からも言えるのですが、いざ使えるようになれば、世界を見る視野が劇的に広まります。

なので自分自身のためにもなります。英語の勉強なんて面倒なことは強制でもされない限り、自らやり始めることは余り無いでしょうから、子供英会話教室の増加は、今英語が出来ない人にとっての福音にもなりますね。だから上記の通り、悪いことではありません。まあ、本人次第ですけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加