【怠け者英語】手始めに簡単な直訳は捨て去り…

英会話の演習や英文法の勉強は、最初にじっくり耳で聞く訓練をやったのち、言ってしまえば「記憶しよう」とはせずに耳を慣らすというやり方を勧めているのです。
アメリカに拠点がある会社のお客様コールセンターの大部分は、その実フィリピンにあるのですが、電話で話しているアメリカ在住の人は、向こうがフィリピンに存在しているとは認識していません。
なぜ日本人は、英語で言う「Get up」や「Sit down」と言う時に、言葉を区切って「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」というように発音しがちなのか?このような語句は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発するべきだと思う。
手始めに簡単な直訳は捨て去り、欧米人独特の表現をマネする。日本語ならではの発想で勝手な文章を創作しないこと。普通に使われる表現であればある程、単語だけを英語に置き換えたとしても、普通の英語にならない。
海外旅行というものが、英会話レッスンの最良のチャンスであり、英語の会話というものは座学で記憶するだけではなく、実践的に旅行の際に使ってみて、どうにか会得することができます。

30日間で英語脳を育成するプログラムは、聴き取った会話を会話してみて、反復して学習します。そうしていくと、英語リスニングの力がめきめきとレベルアップするという学習法なのです。
英語能力テストであるTOEICは、定期的に実施されるものなので、しょっちゅう受けることは叶いませんが、日本初の適応型テストであるCASEC(キャセック)は、パソコン等でしょっちゅう挑戦できる為、TOEICのテスト前などのウォーミングアップとしても一押しです。
「他人の視線が気になるし、海外から来た人に会っているだけであがってしまう」という、日本人のみが感じている、これらのような「メンタルブロック」をなくすだけで、英語そのものは容易にできるようになる。
ロープレをしたり会話をしたりなど、少人数の集団だからこその英会話クラスのメリットを活かして、担当の先生とのやりとりに限らず、クラスメイトの方々との対話等からも、リアルな英会話を会得できるのです。
ある英会話サービスの学習方式は、近ごろホットなフィリピンの英会話資源を上手に活用した教材で、なんとか英語を学習したいという多くの日本人達に、英会話を身に付ける機会を安い価格で用意しているのです。

原則的に、英語学習という点では、単語や語句の辞書を最大限有効活用することは、本当に有意義なことですが、事実上、学習において、初期段階では辞書を使用し過ぎない方が良いでしょう。
楽しく勉強することを合言葉として、英会話の実力を養う講座があります。そこではテーマにフィットしたダイアログを使って話す力を、トピックや歌といった多様な教材を使用することにより聞く能力を上昇させます。
評判になっているピンズラー英会話は、Dr.ポール・ピンズラーが生み出した教育方式であり、子どもの頃に言語を習得するからくりを活用した、聞いたことを口にすることで英語を学ぶという新しい方式の訓練法なのです。
難しい英文などが含まれていても、無料で翻訳できるインターネットサイトや辞書が掲載されているサイトを閲覧したら日本語化できるため、それらを見ながら覚えることをご提案いたします。
いわゆる英語の勉強には、相手の言葉を素早く繰り返し言うリピーティング、速読と速聴の2つが要求されるシャドウイング、聞き取れない部分が鮮明に分かるディクテーションなどの潤沢な能率のよい習得法がありますが、初歩の段階で不可欠なのは、ひたすらリスニングするという方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加