【怠け者英語】理解できない英文が出た場合でも…

中・上段者には、始めにDVDなどで英語音声+英語字幕を推薦します。英語の音声と字幕だけで、何の事を表しているのか、もれなく通じるようになることが最優先です。
英語の持つ名言・格言・警句、ことわざから、英語学習を行うという働きかけは、英語という勉強をずっと持続するためにも、何はともあれ応用していただきたいポイントです。
どういうわけで日本の学校では、英語でいうところの「Get up」や「Sit down」と言う時に、「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」と明瞭に発音するのでしょうか?このようなときは「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音する方がより英語的だ。
YouTubeなどの動画には、教育の為に英会話を教えている先生や少人数の集団、英語を話す一般の人たちが、英会話のトレーニングをしている人のための英語レッスンになるビデオを、数多く公表しています。
おしなべて英会話というものを体得するには、渡航先としても人気のアメリカ、英国、オーストラリア連邦などの通常英語を使っている人や、英語自体を、普通に用いる人と良く話すことです。

いわゆる英語の勉強をするつもりなら、①最初に何回もヒアリングすること、②次に考え方を日本語ではなく英語そのもので考える、③一度暗記したことを忘れることなく長続きさせることが重要だと断言できます。
英語の発音には、特殊な音のリレーがあることを理解していますか?このような事柄を覚えていないと、大量に英語を聞いていったとしても、内容を聞き分けることができないのです。
子供に人気の高いトトロや魔女の宅急便などの海外仕様の英語バージョンを鑑賞してみると、日本語版とのちょっとしたニュアンスの相違点を知ることができて、興味をかきたてられるだろうと思います。
理解できない英文が出た場合でも、無料翻訳できるウェブページや複数の辞書が使えるサイトを駆使すれば日本語に訳すことができるので、それらのサイトを活かして自分のものにすることをみなさんに推奨しています。
「他人の視線が気になるし、欧米人と対面しているだけであがってしまう」という、日本人が多くの場合隠しもつ、これらのような「メンタルブロック」を取り外すだけで、いわゆる英語はたやすく話すことができるだろう。

英語放送のVOAの英語放送のニュースは、TOEICによく出る政治問題や経済問題や文化・科学に関連した言葉が、たくさん使用されているので、TOEIC単語の語彙増加の手段として有用です。
英語を用いて「ある事柄を学ぶ」ことで、もっぱら英語だけを勉強する場合よりもエネルギーをもって、学べる場面がある。その人にとって、興味を持っている方面とか、仕事に関係するものについて、インターネットで映像をサーチしてみよう。
YouTubeなどの動画共有サイトとか、翻訳サイトとかツイッターやフェイスブックなどのSNSの利用により、外国に行かなくても難なく『英語に漬かった』ような状況が作り出せて、とても効率よく英語の勉強を行える。
オーバーラッピングという練習法をやってみることにより、聞き分ける力も改善される理由と言うのは二点あります。「発音可能な音は聞き分けられる」ためと、「英語の処理能率がよくなる」ためと言われています。
最初から文法はなくてはならないものなのか?といった論争は絶えず行われているが、私がつくづく思うことは文法を理解しておけば、英文を読んだ時の理解の速さが革新的に向上するはずですから、のちのち手を抜けます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加