【怠け者英語】楽しい学習をキーワードとして…

どういう理由で日本人は、英語でよく使われる「Get up」や「Sit down」の読み方を、カタカナで「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」などと発音する事が多いのか?これなら「ゲラッ(プ)」「セダン」と発する方がよい。
例えばあなたが、難易度の高い単語の暗記に四苦八苦しているとしたら、直ちに中止して、生で英語圏の人間の話す言葉を注意深く聞いてみてほしい。
英語の勉強には、色々なバリエーションの効果の高い学習方式があって、相手の言葉を素早く繰り返し言うリピーティング、シャドウイングメソッド、聞いた文章をそのまま書き写すディクテーションと、人気のある海外ドラマや映画を盛り込んだ教材などもあり、際限がありません。
何かにつけて、幼児が単語そのものを学習するように、英語そのものを学ぶと聞きますが、幼児がちゃんと会話できるようになるのは、実際にはふんだんに傾聴してきたからなのです。
抜群の人気のヒアリングマラソンというのは、リスニングというものだけでなく、聞いたままに話すシャドウイング、ディクテーションメソッドなどの勉強の際にも流用可能なので、それらを織り交ぜながらの学習方式を勧めたいと考えています。

楽しい学習をキーワードとして、英会話の総合的な能力をアップする英語教室があります。そこではその日のテーマに即したダイアログを使って会話力を、トピックや歌といった多様なテキストを駆使することで聞く能力を上昇させます。
いわゆるピンズラー英会話とは、Dr.ポール・ピンズラーが世に出した英会話メソッド、ふつう子どもが言語というものを覚える際のシステムを使用した、聞いたことを変換することなく話すことで英語を習得するという新方式のレッスンといえます。
とある英会話学校には、幼いうちから学習できる子供用の教室があり、年齢と学習段階によったクラスに区分けして授業展開し、初めて英会話を学習する子供でも心配なく学習することができます。
当然、英語の学習という面では、辞書自体を有効に使うことは、めちゃくちゃ大切ですが、実際の学習において、最初の頃には辞書を活用しない方が早道になります。
「周囲の視線が気になるし、外国人と話すだけでプレッシャーを感じる」という、日本人が多くの場合意識している、このような二つの「精神的な阻害」を取り去るのみで、もし英語ならばたやすくできるようになる。

英会話というのは、海外旅行をセーフティーに、其の上満喫するための一つのアイテムであるため、海外旅行で度々用いる英単語は、さほどたくさんはありません。
有名な『ドラえもん』の携帯アプリの英語版「ドラえもんイングリッシュコミックス」とかも発表されていますので、勉強の合間に利用してみるとだいぶ英語そのものが近くに感じるようになります。
意味が不明な英文がある場合は、無料で翻訳できるインターネットサイトや沢山存在する辞書サイトを活用することで日本語に変換可能なので、それらのサイトを補助にして学ぶことをお薦めしています。
評判のよいDVDを利用した英会話教材は、英語のリスニングとスピーキングをUDA式の30音でトレーニングするものです。30個の音の唇の動かし方が至って単純で、効率良く英語の能力が手に入れられます。
緊張しないで話すためには、「長時間、英語で会話する席を1度だけもつ」場合に比較して、「短時間しかなくても、英語で会話するシチュエーションを多く作る」ことの方が、極めて効果があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加