【怠け者英語】英語の学習は…

『英語をたやすく話せる』とは、閃いた事がスピーディに英語音声に置き換えられる事を表し、会話の内容に一緒となって、何でも制限なく言いたい事を言えるということを言うのです。
何よりもまず直訳はしないで、欧米人に固有な表現をコピーする。日本語の思考法で適当な文章をひねり出さない。よく使われる言い回しであればあるだけ、日本語の表現を置き換えたとしても、英語とはならないのです。
簡単に言うと、相手の言葉が滞りなく認識できる段階に至れば、フレーズそのものを一つのまとまりとして脳の中にストックできるようになります。
英語のトレーニングは、スポーツの訓練と同等で、あなたが話せそうな内容に似たものを探して、聞いたまま口に出してひたすらエクササイズすることが、何にも増して大切なのです。
欧米人としゃべることはよくあっても、フィリピン人、インド人、メキシコ人の話す英語など、具体的に発音が訛っている英語を理解することも、必須な英会話能力の因子なのです。

オンライン動画配信サービスとか、WEBで利用できる辞書とかSNSなどの活用により、国外に出ることなくたやすく『英語まみれ』になることが整えられて、大変有益に英語の教育が受けられる。
ラクラク英語マスター法という学習方式が、どういう根拠で国際コミュニケーション英語能力テスト(TOEIC)に有効なのかというと、本当のことを言うと一般に広まっているTOEIC向けのテキストや、クラスには出てこない視点があるからなのです。
英語の試験勉強などの暗記能力を高めるだけでは、英語の会話は成立しない。そんなものよりも、英語のEQ(教育指数)を上げることこそが、英語を自由に話せるようにするために、間違いなく必要条件であると見ている英会話メソッドがあるのです。
スカイプによる英会話学習は、費用が必要ないので、非常に財政的に嬉しい学習方法です。通学にかかる時間も不要だし、空いた時間にどんな場所ででも勉強することが可能なのです。
英語に手慣れてきたら、文法などを考えながらきちんと翻訳しようとしないで、雰囲気で置き換えるように、トレーニングしてみて下さい。習熟してくると、英会話も英語の読書も、飲み込むのにかかる時間が断然スピーディになります。

英語の学習は、まず初めに「英文を紐解くための文法的ルール」(いわゆる文法問題を解くための学校の勉強と別の区分としています。)と「最低限覚える必要がある英単語」を頭にたたき込む意欲が大事になってくるのです。
私の経験では、リーディング学習というものを沢山やることによってバラエティーに富んだ表現を貯めこんできたから、他の3技能(聞き取り・筆記・発語)は、個々に一般的な参考図書を何冊かやるのみで事足りた。
世間では英語には、多くの能率の良い学習方式があり、繰り返し言うリピーティング、聞いたままに話すシャドウイング、聞き取れない部分が鮮明に分かるディクテーションと、評判の高い海外ドラマや映画等をたくさん用いる教材などもあり、とめどなくあります。
VOAという英語放送の英語ニュースプログラムは、TOEICに頻繁に出題される政治問題や経済問題や文化や科学に関する言葉が、いっぱい出てくるので、TOEIC単語を増やす手段として能率的です。
英語の効果的な勉強法には、「繰り返し」のリピーティング、「速読速聴」のシャドウイング、聞きながらイメージして文章を書き移す、ディクテーションなどの諸々の能率のよい習得法がありますが、初期段階で不可欠なのは、ただひたすらリスニングするという方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加