【怠け者英語】ラクラク英語マスター法という学習法が…

一般的にアメリカ人と対面する機会は多いかもしれないが、アジア系のフィリピン、インドなどやメキシコの英語など、真に発音がかなり異なる英語を聞いて理解できるということも、必須な英会話能力の一部分です。
いわゆる英語には、個性的な音の連係があるのです。こうした事柄を着実に理解していないと、大量にリスニングの訓練をしても、全て聞き分けることが適いません。
人気のジョーンズ英会話という呼び名の語学教室は、日本全体に拡大中の英会話講座で、大層好感度の高い英会話学校なのです。
私の時は、リーディングの訓練を十分実施して色々な表現を貯めてきたので、それ以外の3技能(聞き取り・筆記・発語)は、それぞれ街中で売られている学習教材を2、3冊やるのみで楽勝だった。
TOEIC等の受験を決めているとしたら、携帯用ソフトウェアの『TOEIC presents English Upgrader』というアプリが、ヒアリング力のレベルアップに寄与します。

日本語と英語が予想以上に異なるとすると、現状ではその他の外国で有効とされている英語教育メソッドも応用しないと、日本人用としては効果が薄いようだ。
英会話練習や英語文法の勉強は、まず最初にできるだけ耳で聞く訓練を実践してから、言い換えれば「暗記しよう」と考えずに耳を慣らすというやり方を取り入れるわけです。
iPod + iTunesを使うことにより、英会話番組等を購入して、あらゆる時に、いろんな所で英語リスニングすることができるから、隙間時間を適切に使うことができて、英会話の訓練をスイスイと維持することができます。
英会話レベルが中・上級の方には、まず最初は多く、英語音声と英語字幕を使って視聴することをご提案します。音も文字も英語のみにすることで、どんな内容を相手がしゃべっているのか、洗いざらい理解できるようにすることが第一目標です。
英語を身に付けた人に近道(努力しないでという訳ではなくて)を教授してもらえるならば、手短に、効率よく英会話の力量を向上させることが可能になると思われます。

ひとまず安直な直訳はストップすることにして、欧米人独特の表現を模倣する。日本語脳で何となしに英文を作らない。おなじみの表現であればある程、日本の言葉をそのまま置き換えてみたとしても、英語とはならないのです。
しょっちゅう、幼児が言葉を身につけるように、ナチュラルに英語を学ぶべきと言ったりしますが、幼児がちゃんと話すことができるようになるのは、当然のことながらとても沢山リスニングしてきたお蔭なのです。
ふつう英語には、様々な能率のよい勉強法がありますが、「繰り返し」のリピーティング、速読と速聴の2つが要求されるシャドウイング、ディクテーションメソッドなどと、TVでも人気の海外ドラマや映画を取りこんだ英語教材など、大変多くのバリエーションがあります。
某英会話教室には、2歳から入ることができる子供用の教室があり、年令と勉強レベルに合わせたクラスで別個に英語授業を展開しており、初めて英語を勉強する場合でも不安なく学ぶことができるのです。
ラクラク英語マスター法という学習法が、いかなる理屈で国際コミュニケーション英語能力テスト(TOEIC)に力を発揮するのかと言ったら、実は普通に使われているTOEIC対策の教科書や、講座には見られない着眼点があるということなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加