ビジネス英語は仕事で英語を使う立場でないと難しいかも

大人になって英語を勉強し直しているところです。最初は基本的な部分を強化したかったので中学生用の文法のテキストを読み返していましたが、これはもういいだろうと、これだけでなくもっと上のレベルの勉強をしないといけないと思い、どういうジャンルの英語を学ぼうか考えました。

日常会話の英語というのは目標にしやすいジャンルですが、具体的にどういう英語なのかと考えるとあいまいすぎます。私は日常で英語を使うことがないので、たとえフレーズを一生懸命覚えてもすぐに忘れると思います(会話で使うフレーズそのものも時間たてば変わりますし。

なのでもっと具体的な英語を目標にしないといけないと思い、決めたのがビジネス英語です。仕事で英語を使うこともないのですが、最近友達が仕事のために英語を勉強するようになって、もしかしたら私も必要になるかもと思い、友達に追いつこうと勝手に闘志を燃やしています。

とはいえビジネス英語というジャンルのテキストは、当然あまりおもしろいものではありません。このおもしろくなさをどう克服するかが今後の課題です。おもしろくなくてもすぐに必要になるのなら勉強するしかないのですが、そうではないからすぐに飽きてきてしまいます。飽きてくるというより、知らない単語ばかりで苦痛になってくるというか・・(泣)・・。やっぱり自分の仕事で英語を使う立場にならないと身につかないのかもしれません。友達には負けを認めます(友達はこっちも英語の勉強をしていることを知らないです)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加