リスニング、ライティング、スピーキング、目的に合った英語学習法の選び方

日本人にとって文法も発音も全く異なった言語である英語を勉強しマスターすることは大変難しいことです。英語の学習を始めた人にとって、どんな勉強法を選ぶかというのは大きな決断の一つです。しかしその一方で世の中にはたくさんの英語勉強法や、学習教材があふれていて選択肢がありすぎて困ってしまうということがよくあります。そこで今回は目的に合った英語学習法をご紹介します。

まず英語の勉強を始めるときに考えなくてはいけないのが、なぜ英語を勉強するかということです。英字新聞を読めるようになりたい、英語の本を読んでみたい、外国の人に道案内をしたい、日本の文化を伝えたい、英語で議論をしてみたい、など理由は様々あると思います。しかしここでのポイントは、英語を読みたい、聞きたい、話したいだけでなく、具体的にどのような内容をどうしたいのか、ということです。

例えば英字新聞を読みたい人と、英文学を読みたい人では同じ読むでも必要になる単語の量や種類が全く異なってきます。大切なのは、自分が必要とする英語を明確にすることなのです。英字新聞を読みたい人がそれと関係のない英文学に出てくる単語の語彙力をつけても成長が見込めません。多くの人がなんとなく話したい、なんとなく聞きたい、なんとなく読みたいと思っているために様々な分野の本に手を伸ばしてしまい、結果として系統だった英語学習が行えていないというのが現状です。

そこでまず自分が学習したい英語が何なのかを明確にしたら、その方向に沿った本をまず1冊購入し、やりきってみてください。できれば繰り返し繰り返し同じ一冊を反復すると効果は大きくなります。そうすれば2冊目の勉強に入ったときに、重複するところや強調されている部分が見えてきます。そこがあなたが必要としている英語の中でのキーポイントです。英語学習法を選ぶ際には、目的をはっきさせ自分が必要とするものを選べるようになりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加