英語の勉強はラジオが一番続けられた

私は大人が今から英語の勉強をしたいと思うのなら、ラジオが一番良いのかなと思います。学生時代はある程度は強制力がありました。宿題を出さないといけないとか、テストで赤点をとったら補習になるとか、勉強には参加しないととか。でも、大人になると仕事や家事が主にすべきこととなってしまい、英語を使わないのなら、自分から勉強しようと思うしかありません。しかし、そうなると強制力がないんですよね。だから続かないという人も続出します。甘えが生じてしまって、嫌になったらすぐに放りだせることや、勉学が本分でないからという言い訳ができてしまうのです。

ラジオが良いと思ったのは、わざと録音しないことで1週間に1度はやっておかないと次へ強制的に進んでしまうからです。これなら、次の放送が始まる前にこれを暗記しておかないとついていけない・・・!ということや、ある決められた時間に始まるため逃せないといった強制力が働きます。だから、ちょっとさぼりがちだなとか、続ける自信がないなと思うなら、テキストも安いですしラジオがオススメなのです。

ただ、これも言ってしまえば自分の思いでやめられるので、やはり続けようという意思は多少は必要です。あとはどれくらいの本気度でやっているかで続けられるかどうかが決まりますね。こんなことを言っている私も1年以上は続かなかったのですが、他のものはもっと短期間で終わってしまいました。語学は地道にコツコツと積み重ねようという気持ちが大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加