英会話は自己新記録を意識するのみです

英会話を学習していて、なかなか自分の言いたいことが英語で言えなかったり、自分の英語では伝わらなかったりすると、イライラしますし、凄く落ち込みます。毎日、英語の学習をしていても、なかなか上達しない自分の英会話能力に嫌気がさす時もあります。これは、一部の語学に長けた能力を持ってる人間以外は誰しも持っている感情だと思います。英会話は言語であり、会話なので、これが正解というのが明確ではないです。基本形というのはありますが、英語でどう表現するのかは、個人に委ねられています。

自分だけを見ていれば、そんなに落ち込まないのですが、周りに語学堪能な人がいると、どうしても比較してしまい落ち込みと同時にモチベーションが下がってしまうことがあります。これは、過去の私の話です。周りと比較して、自分の英会話能力を把握することは大切なのですが、それでモチベーションを下げてしまっては意味がないのです。英会話能力が高い人にどのように能力アップしてきたのかを質問すると、必ずと言っていい程、「練習の継続のみです」と答えてきます。つまり、とにかく英会話を使って、練習するしか上達の道は無いのです。

一方で語学というのは、練習すればするほど上達します。そこに上達における個人差があります。ですから、英会話を学習する上でキーポイントとなるのは、周りと比較しながらも、自分の自己新記録を意識することです。昨日までは使えなかった1つの英単語が使えたのなら、それは進歩であり、自己新記録達成です。そうやって、日々、訓練を継続させていくのみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加