1日5分の英会話上達トレーニング

お金をかけずに流暢に英語が話せるようになりたいと思っていませんか?

そんな方へ、今回は私が実践している「1日5分だけ英会話上達トレーニング」をご紹介します。

方法:音読筆写。音読筆写とは、英語の文章を声に出しながら、ノートに書くという至って単純なトレーニング法です。1日5分するだけで絶大な効果が表れます。イメージが湧かないという人は、下記YouTubeを参照ください。

効果:声に出すことで、スピーキングの訓練になる同時に、正しい文法、表現の仕方が身に付きます。また、自分で出した声を聴いているので、リスニングの訓練にもなります。基本的に英語学習は、勉強ではなく運動です。体の五感を使えば使うほど、上達は早くなります。

この方法だけで私の場合、TOEIC600点→720点まで伸びました。その後、継続的に色んな訓練をし、現在は900点を超えるスコアを入手することができました。また、以前は1対1の会話では話をすることが出来ましたが、グループ会話では、なかなか他の人のスピードについていくことができませんでした。しかし、音読筆写を始めて1か月ほどたって、驚くほどリスニング力がアップし、ネーティブが複数いる英会話についていけるようになりました。

教材選び:スピーキングの訓練にもなるので、自分がアウトプットしたい内容を音読筆写するのがお勧めです。私の場合、スティーブジョブズのスタンフォード大学での講演内容がとても好きなので、インターネットよりスクリプトをダウンロードし、音読筆写をしました。

音読筆写の注意点:これは私が個人的に実践している方法です。実践する際は、1つの文章を最低5回は音読筆写しましょう。それぞれの文章を空でスラスラと言えるくらいになれば次に移って大丈夫です。スラスラ言えるということは、英会話中に自然な流れで発言ができるということです。このようにトレーニングすうことで相手にストレスを与えずに会話を進めることができるようになります。

いかがでしたか。英語学習をどのように始めたらいいか分からない方、英語で伸び悩んでいる方、音読筆写は英会話上達にとても有益です。ぜひ試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加